Add to Google My Yahoo!に追加
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2018年03月21日

簡潔旅行記 & 今後は、アメリカで大学院へ参ります (≧▽≦)



旅行記の写真を UP したかったのですが、今回、大学院へ行くことが決まっていて、事前準備が忙しく、なかなかできませーーーん 💧 すみませーん


具体的には、州が変わるごとに、「〇〇州へようこそ!」の看板の写真をとったり、人気のルート66の名所一部を巡ったり、昔、Meteor Crater / 惑星が墜落して、地面が陥没したところへ見学に行ったり、Petrified forest / 昔、恐竜が走っていたという、化石ミュージアム付きの、巨大岩の道並みが素晴らしい 11マイルほどの観光地 (グランドキャニオンより小ぶりですぐ見て回れるわりには見ごたえがすごく、おススメ )、それからダンナの実家へ寄ったりしたよ〜〜〜

ダンナの実家の近くの砂漠の丘では、うちの犬の2、3倍はありそうなクーガー(マウンテンライオン)の巨大足跡を発見して怖かったー ><

猫科だから、犬のように爪の跡が残らず、もっと肉球がまん丸ヨー。



ーーーーーーー 車窓より、気づき ーーーーーーー


東海岸の南部は広大な湿地帯(Swamp / スワンプ)に小さい林の風景。ただただ、エンドレスに平ら。

アメリカ大陸ど真ん中のカンザスあたりは、しょぼい林以外には何もないような、一本道が、1千マイル以上も続くような楽な運転。
まだまだ、ずっと、いくら走っても、気が遠くなるような平ら。

テキサス、アリゾナに着くころから、急に気温が上がって、冬でも熱い砂漠地帯に、野生のサボテンの風景が楽しめます 

オット!このころから、地面に勾配が出てきて、変化が見られるようになった!

そこを過ぎるころから、太平洋環帯の火山地帯の形相が、ムッキムキ ★

西海岸は、火山から出てきた巨大岩が増えて、土やビーチの砂の色も火山まみれ。

道路も山道が多く、UP DOWN も激しく、曲がりくねっている〜 

しかし、しかし!

これが、日本にもとても近い!まさに、私の出身地の風景だよ。

なんて懐かしいーーーーー 

火山の活エネルギー、大好き 

おかえり、おかえりーーーー 

やっぱり私は火山地帯に生きるのが、合ってるんだって思ったねー!!!!!

火山の匂いまでしてくるわ。

こんな山々、見るの久しぶりーーー 

大昔の噴火で、地面が隆起したり、大変動でひっくり返されて、こんな美しい景色ができたんだねー、すごいすごい!

丸っこい石や大岩が、川や海から上がってきて、こんな標高高いところにあるなんてー。

地球のみなぎるパワーだーーー ⚡

マジ、こんなの、南部では見られない光景だ 

こんな活きた地球が見られるのは、太平洋環帯ならではですぞー、みなさん 


―――――――――――――――――――――


で、私のほうは、いよいよ、ワシントン州へ帰ってきたので、ここに腰を落ち着けるということで、やっと、学校に戻ることができます 

実は、急な話ではなく、10年以上も前から言ってたことなんだよ〜!

しかし、ダンナが転勤が多くて同じ場所に1年、2年しか住まないので、学校に行けなかっただけなんですー。

実際、私が大学から取り寄せた学士の成績表は、10年前のものだよー 

ずっと引っ越しのたびに、家具と一緒に、新居へ運んでいたんですー。

(にしても、10年前の化石みたいな古びた大学の成績表を、大学院に提出したってすごくない!?なんでこんなに成績表が古いんだ?とは聞かれませんでした。)

あたちの人生、出遅れすぎ➖ィって感じだけど💦


ここで3〜4年通って理学修士を取って、気に入ってもっと深く追求したいとなったら、PhD 博士号(6〜8年)に進みたいと思ってます 

修士は、Master of Science in Social and Behavioral Science (社会科学・行動科学)で、どちらかというと、心理学が専門です。

10年来の夢が叶うことになって、とっても楽しみで〜〜〜〜〜す 

インターンシップをやって、卒業後、ポスト・マスターの数千時間が終わったら、将来的には、国家資格やワシントン州の資格も取る予定です。


今は、9月にいよいよ学校が始まる前に、論文の書き方の勉強しています。

毎週末と、期末に、論文を出さなくてはいけないらしくてね。

毎日、4、5時間勉強していますが、覚えることがいっぱいあって、とても忙しいんだョ〜〜〜〜〜 

落第・停学・退学でもさせられないよう、気をつけなきゃっ 💦


ダンナは私が働くのは嫌らしいのですが、将来は、憧れのアメリカの病院とか、刑務所で働いてみたいー!って思ってます ☺ 

とくに刑務所で囚人相手に働くのは、私の中で最高峰のチェレンジなので、とてもワクワクするね ♪


私の最終的な夢は、叶うまでにまだ何年もかかるといえ、やっと始められることになって幸せです 


今回、私の学校では、統合失調症、躁うつ病、自閉症、人格障害、精神疾患全般とそのための診断・治療方法、薬学の知識、中毒患者(酒、タバコ、ドラッグ、ギャンブル、買い物、等)、ゲイ(同性愛)、性的問題、トラウマ、自然災害やスクール襲撃事件などの被害者ケア、自殺志願者のケア、児童虐待、夫婦やカップルの問題、家族やペットとの死別の悲しみ、学校でのいじめ、少年法など法的なこと、etc, 身の周りにあふれるさまざまな問題を解決するための勉強をしていきます。

ほんと、これまでのような小さい人間ではいかん、いかん と今からメンタル修行じゃ〰。


今後、ブログは学校始まったら忙しくて無理じゃないかなって思ってるんだよね。わからんけど。

とりあえず、この辺で一度、ご挨拶を〰 ✋


この方面のことはアメリカが世界一進んでいるので、貴重な学んだことは、アメリカで実践するだけでなく、いずれ日本にも還元できたらいいな  なんて、とりあえずはまず卒業できるよう、がんばろう〰っと!!


もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓



posted by ruff ruff at 00:00 | Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2018年02月22日

ご無沙汰でした〜。



だいぶ開けてしまいました。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます 


こちらは、年明けにアメリカを襲った、氷河期のような寒さ(ちょっと「死の危険」を感じました;でも、マジで、―20C とかでずっと息してると、肺が破裂して死ぬらしいから気ィつけてね ☆)を通り抜けて、アメリカ横断をやり遂げました。

が、WA州に到着する運転最後の日に、流行りのインフルエンザにもかかって、大変な思いを。。。

そして、その後も長引くインフルと、毎日、突風に吹かれながら、乾燥したホテル暮らしをやっと終えて、新居に移ったと思いきや、今度は、運ばれてきたソファがなぜか、ずぶ濡れで座れない状態、一面カビが生えているものもあって、買い替えに行ったり、など、結構バタバタしました〜。

今やっと、スーパーの様子なんかもわかってきて、近所の運転も慣れてきて、ちょっと落ち着いてきたかな、というところ 

引っ越しはやっぱり大変だワ〜ン。



P.S.

心配してくださった方、どうもありがとうございます m(__)m

こっちは氷点下で雪だよー 

(NC はもう最高気温が80F 超え (27C 以上→ 30C 近い)ということらしいが


もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓



posted by ruff ruff at 13:00 | Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2017年12月31日

アメリカに持ってきて良かったもの、必要なかったもの。



今日は、日用品のアメリカに持ってきて良かったもの、アメリカに持ってくる必要なかったもののまとめです。


アメリカ生活必需品

 ウォシュレット

日本なら、公衆トイレでさえ、このウォシュレットがありますが、アメリカにはありません。

物心ついたときから、もう暖かい温便座にしか座る習慣のない私にとって、アメリカの凍てつくアイス板のように冷たい便座は拷問だったー!

ウォシュレットがないのは不潔でもあります。

ここ数年、やっと、アメリカのアマゾンでも日本のウォシュレットが買えるようになりましたが、前は売ってなかった。

日本から取り寄せたものは、パイプのサイズが合わず、タイ製のチョロチョロ水しか出ないウォシュレットの会社がアメリカで特許を出しているコネクター(接続部)を別に買い、これで片方、日本のウォシュレットに接続し、もう片方をアメリカの水パイプにつなぐしかなかった。

が、ここまでしてでも、ウォシュレットは必須 


 便座カバー

ウォシュレットのインストールが面倒な人は、せめて便座カバーを!

寒いエリアで、ずっと便座カバーしなくて、ついに痔になった方や、妊婦さんなどからご相談を受けたことがあります。

アメリカの痔の良いお薬   コチラをどうぞ ♪)

アメリカは、便座の蓋のカバーはよく売っているのに、便座自身のカバーがない。

アメリカは便座サイズが大小まちまちなので、O字型のがいいと思います。


※ 短期滞在者は、せめて、スーパーなどに売ってる、一時的に使える、「置くだけ便座シート」 みたいな、便座の上に置いて両面テープで固定するタイプのでもあれば、全然違うかな。


 パン焼き器

アメリカにもパン焼き器は売っていて、2斤できるようになっていて便利ですが、日本のはジャムができたりパスタができたり餅ができたり、いろいろ機能が豊富。

そして、日本のパン焼き器のメニューは豊富で美味しい。


 ホットプレート (* 焼き肉、タコ焼き付きなど多機能のもの)

日本のホットプレートは、お好み焼きもできるし、とても便利 

ジュッと高温で焼いた料理を楽しむにはもってこい。

アメリカに来て、タコ焼きが全然できなくなったという不平不満をよく聞きます。

(タコやたこ焼きソースなど、すべての材料は手に入るのに。。。)


 日本のラーメンやうどんを食べる大きい器

どんぶりの特大版みたいな、大きな器。

これはいくら探してもアメリカには売ってなく、たまに日本の食材店で見つけられればラッキーというところ。

ラーメンやうどんは、大きな器で汁もたっぷりにいただかないと、美味しくないよ!

アメリカにも、日本食材店に行けば、讃岐うどんや、冷凍の生麺 (味噌、とんこつ、チャンポンなど) は売っています。


 万能包丁、包丁砥ぎ、ハサミ、爪切り、毛抜き

日本の世界最高水準の鉄で作った包丁やハサミに勝るものはありません。

硬くて丈夫で、切れ味が最高です。

アメリカの爪切りは、爪がきれませんでした。 


 ボールペン

アメリカのボールペンは字が書けません。

インクが出にくかったり、でっかいぶっとい線なので、繊細な小さい字が書けないものだったり。。

無理に書こうとすると手が痛くなって腱鞘炎になりそう; 汗

急いでいるときにスラスラと手に力を入れずに、細いキレイな線で書けるのは、日本のボールペン。

にぎり部分の人間工学設計も優れている。


 生理用ナプキン

日本のは設計がいい。柔らかい。

アメリカにも普通サイズなら、巨大整理ナプキンとか、ケミカル不要のコットン使用のとかいいのも最近出てきましたが、ロングサイズは日本のがフィット感が抜群。



アメリカに持ってくる必要がなかったもの

 コピー用紙

アメリカのコピー用紙は、日本のに比べて、ちょっと縦が短めで幅が広いです。

日本の縦長で細いA4紙は、アメリカのバインダーにも合わず、つかえません (悲)


 バインダー、クリアケース、穴あけパンチなど

バインダーやクリアケースは上でも言ったような、用紙の形、サイズが合わないのが原因。

アメリカのほうがデザインもカワイイし、こっちで買ったほうがいい 

穴あけパンチは、日本は2つ穴ですが、アメリカでは3つ穴が標準で、まったく違います。


 ホチキス

日本のホチキスは日本のホチキス針専用。

アメリカのホチキス針は、大きめで幅が広く、日本のホチキスに入りません。


 巻き尺

日本のは p が専用ですが、アメリカでは inch と p が両表記で、日本のものよりウワテを感じました。

アメリカでは、インチとフット(フィート)が専門なので、こちらに慣れる必要アリ。


 ミシン

日本で買ってアメリカに持ってきたミシンは、シンガー。

なんとアメリカ製でした。逆輸入ってやつ?

アメリカのシンガーミシンは、もっとたくさんの縫い目の種類が付いていてすごい。

ミシン糸も、強度がまちまちなので、日本のを使うなら完全に日本の、アメリカのを使うなら完全にアメリカの、で統一させたほうがいい。

日本でも、同じ店、メーカーの糸がいいのと同じですね〜。


 編み針や毛糸

私は編み物は憧れますが、苦手ですが、アメリカにもたくさん売っているのをみかけます。

編み棒なんて、日本製の竹なんとかという木の編み棒が、Michael's という趣味 & 手芸の店に売ってました!


 へちまなどの自然素材の体を洗うモノ

こっちにもあるよ、へちま。



またほかにも思い出したら、後日付け足しておきまーす w



もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓



※ 写真はクリックすると拡大します☆

2017年12月30日

死んだふり(Play dead プレイデッド) が得意な Opossum / オポッサム



実はね、当時知らなかったのだけど、私、このオポッサムの騙されたことあります。

2014年、テキサスにいたときに。


家のキッチンのドアを開けたら、顔が白い子ネズミのようなものが這ってこっちに近づいてきていたのですが、次第に足取りが悪くなり、ヨタヨタしたかと思ったら、突然、目の前でバッタリ倒れて、息絶えてしまいました。

顔を見ると、毒でも飲んだかような、吐き出そうとしたのか、ガーッと口を開け、苦しい!助けてくれ!というような苦渋に満ちた、ひどい顔 (゚Д゚;)

大きく開いた口からは歯が見えていて、舌がだらんと外に垂れていて、目も半分開いたまま。


Opossum2.jpg一体どんなひどい毒を、どこで食べたのだろう?

うちには犬がいるので、犬が食べたら大変だわ、何だろう、ゴキブリのホウ酸団子?とか、考えました。

当時、レーちゃんが子犬だったので、このネズミの死骸をココにこのまま放置しておくと、レーちゃんが大喜びで口に咥えて、走り回りそうだったので、取っておかねば!

ということで、家に入って、スーパーのバッグを取り出し、わしづかみにして、近くの茂みに放り投げるつもりでした。

で、ネズミの死骸に戻って、ビニール袋を近づけて、掴もうとすると、急にコイツがガバッと立ち上がり、タタタタタ―ッッッと全力疾走して、茂みのほうへ走っていっていなくなってしまいました。


私は、まったく何が起こったのか理解できず、あれ?ただ気絶していたのかな?でもなんで?

と思ったまま、数年がたちました。


テキサスには、大人の猫やラクーンより大きい有名な巨大ネズミ(リバーラットだったかな?)がいるんです。

これが道路に座っていて、とんでもなく巨大で丸いのですが、そして、あのネズミ特有の細長〜〜〜いピンクの尻尾が付いていて、それがのそのそ歩いて数件先の家の軒下に入っていくのを見たばかりだったんです。

顔は白く、胴体はグレーでした。

なので、てっきりこれの子ネズミかと、ずーーーっと思っていました。

(しかし、この大ネズミも、後ほど、オポッサムの大人だということが判明。)


ところが、ダンナがノースカロライナに来て、家の周りにたくさんオポッサムがいると言っていて、(鳥のヒナが落ちて死んだりしたのをすかさず食べていたようだったのです。) 道路にも、車に引かれて死んでいたりするのですが、これがあのネズミにそっくり!

長い尻尾に、白い顔。

大人の全長は、胴体だけで 30p くらいで、子豚みたいに結構大きいです。

私が見たのは 10p未満のホント、ネズミサイズだったので、まだ子供だったのでしょうか。


で、ダンナがそのオポッサムの話をするには、これが死んだふりをするというのです!

で、さっそく Youtube でいろいろ調べてみると、私が見たと同じような顔をして、死んだふりをしている動画がたっくさん 

ネットの写真にも、あの私が見たのと同じ、毒でも飲んだかのような苦渋に満ちた顔で死んだふりしている写真がたくさんあります (爆!)
(写真1枚目、Wikipedia から拝借しましたが、コレが私が見たのに一番近い!)


敵が近づいてくると死んだふりをするようですが、自分でもコントロールできないとか?

アメリカでは、このオポッサムをペットにしているご家庭もありますが、その家で飼っている犬などが匂いを嗅ぎに近づくと、すぐにバッタリ倒れてあの苦渋の顔を見せるようです (爆!)

で、しばらくすると元に戻って、さっさと走り去ります。


なんじゃありゃ 


実は、このオポッサムはネズミ科ではなく、カンガルーと一緒で、パウチと呼ばれる袋がおなかにあって、ベイビーをたくさん袋に入れて歩くのだそうです 


下の Youtube 動画では、1分過ぎあたりから、普通の顔から、毒でも飲んだような顔に変わる瞬間(葉っぱでつついた直後に、「グワ―ーッ ⚡ 毒を飲んじまった! 苦しい  」みたいな顔に変わる。)がのっていて、笑えます。




もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓



※ 写真はクリックすると拡大します☆

どうしても縦になるしかない、キツツキ ★ 横に止まれましぇーーん;




DSCN2895.JPG
もう一つの面白い野生動物は、キツツキです 

この鳥も、真っ黒で頭が赤いけど、全長が25pくらいしかないよー。

日本語では、ズアカキツツキっていうみたいよー。

うちのバックヤードにいたよー。


間違えて、木の電信柱に止まってるぅ。

そんなもん突いても、何もエサは出てこねーぞー。

あっちの突かれすぎて穴だらけで今にも倒れそうな木は、キミ達がやったのかい?


DSCN2896.JPGこの子はね、見てると、どうしても縦に止まらなければ、居心地が悪くてしょーがないみたい。

難しくないのかな?って思うんだけど。。。


あ。でも、地面は這えるみたいよ、さっき、トコトコ歩いてました。

っていうか、ピョンピョン跳ねてたっていうのかな。


けど、ひとたび飛び立って、木に止まるとなると〜。。。。

どうしてもやっぱり縦になってしまう、不思議チャン 

カワイイーーー 

(2枚目、ピンボケすみません)


もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓



※ 写真はクリックすると拡大します☆

神様からの使者の鳥 ★ Turkey Vulture ― 死肉、腐敗肉を好んで食べる大きな鳥。



20140907_175315.jpg最後は、荷造りに追われて、ブログ更新がほとんどできませんでしたが、どうしても UP しておきたいこと、といえば、アメリカにいる、楽しい野生動物たち 

今日は、3つ一気にいきます。

まずは、 Turkey Vulture (ターキーヴァウチャー)


アメリカって、道路脇のガードレールがほとんどありません。

国土が広すぎて、ガードレールを付けられないのだと思います。

そのため、自然が破壊されなくて良い反面、よく道路に小動物が車にひかれて死んでいます。

リス、ラクーン、ミンク、鹿のような大型も。。。

こういうのを、Road Kill (ロードキル)っていうよ。


IMG_20151220_121206049.jpgそして、ビーチにも、サメの死骸が上がっていたりするね。


そういうとき、どこからともなく現れる、真っ黒い巨体に赤い頭が特徴的な、巨大なターキーヴァウチャー 

黒いマントを広げて、ワッサワッサ羽音も大きく、地面へ舞い降ります。

写真のように、車がいても平然と、堂々たる姿。
(この写真のは、ちょっとまだ若いっぽい?子供かも。まだちゃんと形がなってないですね。)


普通、野生の小動物は、Prey (プレイ) といって、生きた獲物を捕らえて食べます。

けど、Turkey Vulture だけは、死んだあとの動物しか食べない んだって 

それも、”腐敗肉” が特に大好物

これって、とても珍しいことらしいよ?


この鳥が、数羽集まって、なにかしら食べては、道路やビーチをキレイに掃除しているのを目撃するたび、すごいなぁーって感動しています。

ほんと、まさに、神様に遣わされた鳥みたい 

死骸が小さいと、2〜3羽だけど、大きいと、6羽くらい群がっている。


先日も、トレイルに鹿が死んでいましたが、2日くらいかかって、数羽で全部たべて、最後は、肋骨と頭と足の骨しか残ってなかった。

それもキレ―――――イに、一筋の肉も残さず、骨オンリー。

博物館に展示してある骨のように仕上げてあったから、大したもんだ 

見事な掃除ぶり。


なんでアメリカにはこの鳥がたくさんいるんだろう?

羽を広げると、180p 近いのもいるようです。

普段、木の枝に止まっているときは、重みで枝が折れそうになっているよ。

ワシのように、悠々としています。


日本にはいないみたいですが、いちおう日本語はあって、ヒメコンドルっていうみたいです。



もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓



※ 写真はクリックすると拡大します☆

2017年12月29日

最後の大西洋ビーチをエンジョイ♪ 見納め



1204171341b.jpgよく来たなぁ〜、ここのビーチ 


週3回くらいは通ったもんな。。。




1202171419g.jpgだだっ広く、片田舎で、行くところもあまりないNC。

加えて、激変気候が厳しい NC でしたが、この美しいビーチのおかげで、3年半、救われました 



1202171412b.jpgわんこのレーレーとベインも、超、超、お気に入り 


レーちゃんとベインがたーっぷりエクササイズしたよー。


1204171325.jpg私もたくさん、走ったり、ビーチハイクしたな〜 🎵


ありがとう、ビーチ ✨



1202171423d.jpgここの海の中は、竜宮城のように、淡くてキレイな色とりどりの貝殻やサンゴがたくさんいるの 


素晴らしい、海 

1202171424b.jpgここの海がいつまでもキレイで、安全でいつづけますように 



アメリカでは、ビーチ環境は、州が徹底して守っているので、きっと大丈夫でしょう!!


1204171323a.jpg先日も、歯医者行ったら、70歳超えと思われるような、おばあちゃんのデンタルテクの人が、自分が子供のとき、ここのビーチによく自分の犬を連れて遊びに来ていたって話してくれたから〜 (≧▽≦)



1204171325_HDR.jpg

最後の写真は、羽を広げると150p にもなるといわれる、ペリカン君の足跡だよー。

さすが、私の足幅とあまり変わらないね 



1217171506b.jpgペリカン大好き 

We will miss you 





1217171400.jpg
















もしよろしかったら、応援クリック4つお願いいたします。
↓       ↓        ↓        ↓